WebGLテンプレートを作ろう

背景

Unityにて、WebGL向けビルドをした場合、通常はUnityが提供している汎用起動画面が表示されます。
ゲームがだんだん完成に近づいてくると、起動時のアイコンなどを変えたくなるでしょう。
RPGアツマールAPI for Unityでは、その起動画面を簡単に作るためのエディタを搭載しています。

解説

UnityにてWebGLビルドをした際に、出力される"index.html"がありますが、このファイルはWebGLテンプレートと言われる機能を使えば、簡単に差し替えることが可能です。
そのWebGLテンプレート自体も、自作することが可能ですが少々のHTMLの知識が必要になります。
しかし、RPGアツマールAPI for Unityでは、RPGアツマール用のWebGLテンプレートを簡単に作れるように、エディタ化しました。
そのエディタを使う方法は次の手順を参照して下さい。

手順

ロゴを選択してテンプレートを出力しよう

まずは、Unityエディタのメニューバーから操作し、ロゴを選択してテンプレートを作ってみましょう。
RPGアツマール / ウィンドウ / WebGLテンプレート作成
「ロゴをロード」ボタンをクリック(ロゴがない場合は1x1透明画像をロードでも可)
ロードするロゴを選択して開く
プレビューで画像とサイズが正しい物か確認して「テンプレートを作成」ボタンをクリック
画像サイズは、ゲーム画面全体の半分以下の解像度にすることをおすすめします。
Unityプロジェクトに「WebGLTemplates」フォルダとその配下が出来ているか確認

ビルド設定を変更してビルドしよう

あとは、生成されたWebGLテンプレートを選択するだけです。非常にお手軽であることがわかります。
ビルド設定を開き「PlayerSettings...」をクリック
赤線の項目にある「WebGLTemplate」に新しく「RPGアツマール」が増えているので選択

RPGアツマールにアップロードして確認しよう

このようにプレビューされていれば成功です。